FC2ブログ

靭帯断裂?

danretu.jpg

先日の成人の日、息子の所属するサッカーチームにおける新春恒例の親子サッカーでの出来事。

親子対抗で毎年サッカーの試合をするのですが、相手は小学生。まだまだおっさんといえども負けません。
しかし、OBの中学生や高校生、すでに社会人になった20代まで参加して、おっさん達とやりあうのが恒例の行事。サッカー好きのおっさんたちは本気モードで戦います。となると、やはり普段運動不足のお父ちゃんに怪我は起こります。

今回も足を滑らせて転倒し、足首の外反捻挫をしてしまったお父さん。

こういうときには、いつも応急処置を任されます。私は柔道整復師ではありませんが、カイロプラクター、鍼灸師といえども、周りから見れは同じ治療家。応急処置ぐらい当然できると思われるので、急性期外傷は専門外などとは言えません、なので多少は勉強しています。しかし、それも時と場合。

今回の怪我・・・見た瞬間、靭帯断裂は明らか。足首の内側くるぶしの下、三角靭帯が切れて、足が外側にずれていて、足首もぐらぐら。私の手に負える代物ではないのですぐに救急車を要請しました。

足首が揺れると痛みがひどいというので、関節を固定するテーピングだけはして、後は救急隊員にお任せしましたが、休日ということもあって受け入れ先が見つかるまでに結構時間がかかりました。

その日の夜、奥様から電話があり具合を聞くと、靱帯断裂のうえに腓骨もひびが入って骨折していたらしく、即入院し、手術することになったとのことでした。

こういう時にいつも思うこと・・・。自分が怪我したときって誰が対応してくれるんだろう?

普段から体鍛えとかないと、ですね。



HOKUTカイロプラクティック
ホクト鍼灸治療院
広島市東区戸坂大上四丁目15-26
ご予約:082-229-3780
http://www.hokuto-sc.com/
スポンサーサイト

テーマ : 医療・病気・治療 - ジャンル : 心と身体

サッカー4級審判員取得

DSC03313.jpg


子供がサッカーをやっている関係で1年ほど前から始めた社会人サッカー。

元陸上部で足には自身があったのですが15年以上まともに運動していなかったので、当初は自分の体力の落ち具合に愕然としましたが最近はなんとか試合についていけるようになってきました。

なんせ参加しているメンバーがバリバリのサッカー経験者ばかりで、学生時代から社会人になってもずっと続けている人たちを中心に、中にはサンフレッチェユースの子や全国大会常連の高校の現役選手なんかも混じってやるので、めちゃくちゃハードでサッカー経験者の方でもたまに体験入部してすぐについていけずやめるような中、ほぼ未経験者の僕なんてレベルが違いすぎて正直いって場違いな存在だと思います。でもみなさん、温かく迎え入れてくれて、教えてもくれるので本当にありがたいです。

当初の目的は職業柄、サッカー選手がどのような体の使い方をして、どのような怪我が多いかを身をもって知ることでしたが、若い子や自分より年上のおっちゃんに負けたくないという負けず嫌いの性格が災いして今では息子よりサッカーにどっぷりはまってしまいました。

そしてこの度、サッカー仲間に誘われて4級審判員の講習会に参加してきました。
ルールを詳しく知ることで、どこからがファールで、どこまでが許されるのか審判目線で知ることができたので、非常に勉強になりました。やはりスポーツはルールがあるから楽しいのだと思います。
これからはテレビでサッカー観戦するときも今まで以上に楽しめそうです。


HOKUTカイロプラクティック
広島市東区戸坂大上四丁目15-26
ご予約:082-229-3780

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

HOKUTOカイロプラクティック院長の清水です。

皆様は今年の目標は何かたてられましたか?
私は今年の目標の一つとして以前から始めようと思いながら、なかなか腰が上がらなかった情報発信であるブログを始めようと思います。

内容としては当院でどのような患者様が治療に来られて、どのように改善していったかや、治療院からのお知らせ、日常のちょっとした出来事などHOKUTOカイロプラクティックを身近に感じてもらえるような内容を書いてみたいと思っています。

文章を書くのはあまり得意ではないので、内容以上に継続することが大きな目標となっていますが、末永くお付き合いいただければ幸いです。

HOKUTカイロプラクティック
広島市東区戸坂大上四丁目15-26
ご予約:082-229-3780