FC2ブログ

『アクティベータ器の修復完了!!』

先日、治療道具であるアクティベータ器が壊れたので自分で修理することにしました。

今回の故障箇所はハンドル部分の疲労骨折です。

DSC_0273.jpg

ここを強力に接着して再び元に戻すため、そして自分の愛する道具がどうゆう構造になっているのかという好奇心が押さえられず、全体を分解してみることに・・・。

失敗すれば10万円近い損失となるため、かなりの勇気がいりましたがやっちゃいました(^^)/。


まずは末端のハンドル部分を外します。


DSC_0275.jpg

すると引いたトリガーをもとに戻すための大きなバネが現れます。

よく、アクティベータ器が壊れてトリガー戻らないという症状を聞きますが、どうやらこのバネに異常がある場合が多そうです。

私の愛器も分解してみると長年使ってきたためでしょうか、このバネも疲労骨折してました。
もう、満身創痍のようです・・・(T_T)。

同じサイズのバネを探せばこの部分の故障も修理可能のようですね。




細かい分解の手順は省きますが全体を分解するとこんな感じです。
DSC_0296.jpg

さすがに胴体部分だけは分解できないようになっていました。
企業秘密でしょうか?

でもここまで分解できればハンドルでもバネでも修理は可能です!(^^)!


では本題のハンドルの修理に入ります。


DSC_0282.jpg

この裂けて割れてしまったハンドルをくっつけるのに瞬間接着剤を使おうかと思ったのですが、おそらく接着剤では強力なバネに対抗して何度も引き続けると抗力に負けて再び割れそうだったので、今回はプラリペアを使うことにしました。


MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ブラック [ 品番 ] PL16B [HTRC3]MUTOSYOUJI [ 武藤商事 ] プラリペア ブラック [ 品番 ] PL16B [HTRC3]
()
武藤商事

商品詳細を見る


このプラリペアは優れもので、金属の溶接のようにプラスティック樹脂を溶剤で溶かして割れた箇所をくっつけ、そのプラスティック樹脂も硬化して強力に接着させるという代物。

さらには欠けた部品なんかも再生できる非常に便利な道具です。

修復後の写真がこれ。

DSC_0295.jpg

超強力にくっつきました、さすがです。



無事にハンドルの修復を終えたので、あとは分解した部品をもとの状態に戻して問題なく使えるか神に祈るのみです。




合体!!!!!!!!

DSC_0297.jpg


そして打つべし!打つべし!打つべし!

DSC_0298.jpg

ふっかーーーーーーーつ\(^o^)/


無事に生還いたしました~。



今回、アクティベータ器の修理に関してネットで調べたのですが分解修理した記事が見当たらず独学でチャレンジしてみましたが、なんとか上手く修復出来ました。

アクティベータ器の構造もよく分かった(本当によくできてます)ので、使用者として勉強になりましたが、分解には非常に苦労しました。
だってどこがどう分解できるのかわからないのですべて勘と賭けでやりましたから(笑)。

自分でやっておきながら言うのもなんですが、正直分解はおすすめしません(当たり前ですが・・・)。
何故ならめちゃくちゃ大変ですし、いくつかマニアックな道具も必要ですので。

なので壊れた場合は素直に修理に出しましょう!!

尚、どうしても自分でやりたい場合はぶっ壊れる覚悟で自己責任でお願いしますね(^^)



HOKUTカイロプラクティック
ホクト鍼灸治療院
広島市東区戸坂大上四丁目15-26
ご予約:082-229-3780
http://www.hokuto-sc.com/



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

プロフィール

HOKUTO

Author:HOKUTO

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ